山梨12月:カードゲーム「2030SDGs」×「SDGs de 地方創生」× LEGO ワークショップ

山梨12月:カードゲーム「2030SDGs」×「SDGs de 地方創生」× LEGO ワークショップ

2021年12月11日(土)開催 山梨県

イベント概要

楽しくゲームをしながら、「持続可能な開発目標(SDGs:エスディージーズ)」の本質と地方の課題について学びませんか。カードゲーム「2030 SDGs」 × 「SDGs de 地方創生」 × 「LEGO」ワークショップを開催します。

 SDGs(Sustainable Development Goals)「持続可能な開発目標」とは、2015年9月に193の国連加盟国が採択し、参加する行動計画・目標です。2030年に向けた17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

 日本でも環境省や外務省、文部科学省、またこれに呼応するように、各企業も経営理念やCSR活動(企業の社会的責任を念頭に置いた事業)として盛り込み始めるなど、急速に認知度が上がってきています。

 「SDGs」という、ともすれば難解で複雑に感じがちなテーマを、カードゲームをしながら楽しく学びましょう!

【午前の部(10:00~13:00):2030 SDGsカードゲーム】
 「2030 SDGsカードゲーム」は、多様な価値観や目標を持つ人たちがよりよい世界をつくっていくことで、SDGsの本質を理解できるゲームです。ゲーム内で用いるカードに表現されている内容は、主に世界を題材にしています。

 「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、「SDGsにより社会やビジネスにどんな変化や可能性があるのか」を、ゲームの体験とLEGOを使った振り返りを通して、SDGsに詳しい人も全く知らない人も、誰もがSDGsの本質を体感することができます。

★こんな方にお勧めです
・SDGsについて知りたい方
・ワークショップ、カードゲーム、LEGOに関心のある方
・楽しく学ぶ、なにか新しい体験を求めている、期待している方
・持続可能な社会の実現、未来予測に関心がある方
・企業や団体内での研修や、学校の授業に取り入れたいと考えている方
・世界の潮流を知って学びやビジネスに活かしたい方

※カードゲーム「2030 SDGs」について、詳しくはこちら https://imacocollabo.or.jp/games/2030sdgs/ 
※「SDGs」に関する特別な知識は不要です。お気軽にご参加ください。

【午後の部(14:00~17:00):SDGs de 地方創生カードゲーム】
 みなさんは自分の住んでいる「まち」の課題について考えたことはありませんか? 特に山梨県は「空き家率」が全国1位だそうです。日本全体を見ても2008年をピークに、人口が急速に減少するフェーズに突入しました。 東京などの大都市圏を除き、地方の多くの市町村は人口が大幅に減ってきています。 この人口減少社会において、私たちは自分たちの老後を、そして子どもたちの未来を支えていけるのでしょうか? このまちで今と変わらない生活を続けることができるのでしょうか ?

 そして「SDGs(エスディージーズ)」 と「地方創生」とはどう関わるのでしょうか。このゲームでは、地域で暮らす様々なステークホルダー(個人事業主、一次事業者、NPO、自治体職員など)が、まちづくりのプロセスを体験しながら、個々の目標と、持続可能なまちの未来を創造するといった目標を同時に達成していくために、対話や協働が生まれていきます。

 「SDGs de 地方創生」 は、カードゲームを通じて、 SDGsの考え方を地域活性化に活かし、 地方創生を実現する方法について参加者全員で対話し、考えるためのツールです。議員さん、行政職員の方、NPO関係者、中小企業家、 まちづくり団体・町内会の役員さん、 学生さん、どんなお立場の方にも新たな気づきを与えてくれるゲームです。

※カードゲーム「SDGs de 地方創生」 について、詳しくはこちら https://sdgslocal.jp/cardgame/
※「SDGs」や「地方創生」に関する特別な知識は不要です。お気軽にご参加ください。

★こんな方にお勧めです
・SDGsについて知りたい方
・ワークショップ、カードゲーム、LEGOに関心のある方
・楽しく学ぶ、なにか新しい体験を求めている、期待している方
・持続可能な社会の実現、未来予測に関心がある方
・企業や団体内での研修や、学校の授業に取り入れたいと考えている方
・自治体、NPO、まちづくり活動に、SDGsの視点を取り入れたいと考えている方
・自分のまちに様々な課題を感じている方
・ソーシャル・アクションを起こしたい方、そのための仲間がほしい方

【2つのゲームの体験とLEGOを使うことのメリット】
午前はSDGsの壮大な理想と本質を知り、午後は日本国内の身近な問題・課題に向き合うゲームです。このふたつを体験していただくことにより、SDGsの世界観の理解のもと、具体的なアクションを考えていくことが可能になります。また、ふたつのゲームとも振り返りでLEGOブロックを使用します。個人の内省と深い対話を促し、自分自身にも世界の変革にも、大きな気づきを与えてくれます。

◆日時
2021年12月11日(土) 10:00~17:00
午前の部 10:00~13:00 2030 SDGs
午後の部 14:00~17:00 SDGs de 地方創生
冒頭のルール説明を聞けないとゲームにしっかり参加することが難しくなるため、なるべく定刻にお越しください。(各回20分以上遅れた場合は、ゲームに参加していただけない場合がございます。)

◆スケジュール
9:45 開場
10:00-13:00 2030 SDGs(最大180分)
 ・イントロダクション、ゲーム説明、ゲームプレイ(80分)・休憩 ・ゲーム振り返り(90分)
14:00-17:00 SDGs de 地方創生(最大180分)
 ・ゲーム説明、ゲームプレイ(90分)・休憩 ・ゲーム振り返り(80分)

◆場所 山梨県立図書館1F 交流ルーム102
    〒400-0024 甲府市北口2-8-1

◆参加費 一 般 5,500円(1日)  ※午前または午後のみ参加 3,300円
     大学生 3,300円(1日)  ※午前または午後のみ参加 2,200円
     中高校生 無料
     ※ゲームと振り返りの性質上、申し訳ありませんが小学生以下の方はご遠慮ください。
     ※当日会場でお支払いをお願いします。領収書が必要な方はその際お申し出ください。
 
◆定員 12名(6名以上で実施)

◆申し込み Peatixによる事前予約制

※やむをえない事情によりキャンセルする場合、主催者にご連絡お願いいたします。(2030 SDGsは5名、SDGs de 地方創生は6名が最少催行人数になります。急なキャンセルによりゲームの実行が不可能になってしまう場合もありますことをご承知おきください)
※イベント開始時刻の24時間前(12月11日10:00)までに最少催行人数が集まらなかった場合は、登録された方に中止の連絡をさせていただきます。

◆ファシリテーター SDGs KAI 田中 実 
    2030SDGs 公認ファシリテーター
    SDGs de 地方創生 公認ファシリテーター

問い合わせ先 penta_mim@yahoo.co.jp(田中)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防対策として以下を実施します。
<感染予防対策>
・密集をさけるため収容可能人数の半数以下の定員とする
・イベント中は適宜換気を行う
・対面での対話による飛沫拡散防止のため、机の配置などに配慮する

また、参加者の皆様には下記のご協力をお願いいたします。
<ご協力依頼>
・参加当日、ご自宅での検温にて37.5度以下
*体調面に少しでもご不安がある方は、参加を見合わせていただきますよう、よろしくお願いいたします。
・会場内でのマスクまたはフェイスガード着用
・会場入口でのアルコール消毒
・受付時に緊急連絡先(電話番号)のご記入
*名簿を作成します。この情報は必要に応じて保健所等の公的機関へ提供されることがございます。
・他、開催日に運営サイドでできうる限りの対策を施して開催すること全般に同意いただける方
※ご協力いただけない場合や、咳等の感染症を疑われる症状をお持ちの方は、ご入場をお断りすることがございます

イベント詳細

開催日 2021年12月11日(土)
時間 10:00 〜 17:00
参加費 一般 5,500円(1日)※午前または午後のみ参加 3,300円/大学生 3,300円(1日)※午前または午後のみ参加 2,200円/中高校生 無料
会場 山梨県立図書館 交流ルーム102
住所

甲府市北口2-8-1

主催 SDGs KAI
ファシリテーター 田中実