和歌山10月:『SDGs de地方創生 カードゲーム体験会 ~カードゲームでSDGsとは何かを楽しく学ぼう~』

和歌山10月:『SDGs de地方創生 カードゲーム体験会 ~カードゲームでSDGsとは何かを楽しく学ぼう~』

2019年10月18日(金)開催 和歌山県

イベント概要

日本の市民により身近にSDGsを感じてもらおうと新しいカードゲームが誕生!地域パラメーターに「人口」が追加。人口が刻々と減少していく中、持続可能な街と自分のゴールをどう達成するか?
「SDGsを最近よく耳にし気になっていたけど良く分からない」という方にピッタリのカードゲーム。日本人向けに身近な地元の街を想定し自分のゴールと街の未来を実現するシミュレーションゲーム

日程: 2019年10月18日(金) 18:30~20:45
講師:川辺友之

持続可能な開発目標(SDGs)とは2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

日本の大企業もSDGsを取り入れ始めています。
今後、中小企業にも他社と取引する際にSDGsの取組みを求められる時代がきます。
SDGsに取り組んでいる企業とそうでない企業とでは、イメージ戦略としても大きな差が出てきます。
人材不足の日本ではSDGsに取り組み優秀な人材を確保できるようにすることもとても大事な戦略です。
しかし、現状は一般市民や一般企業にはまだまだなじみのなく浸透がしていません。

【こんな人におすすめ!】
「SDGsは自分とか関係ないわ」と思っている方に
このSDGs de地方創生カードゲームは「カードゲーム」の手法を取り入れ、敷居を下げ、学生でも年配の方でも誰でも参加しやすいゲームになっています。

【受講後の効果】
ゲーム体験後には自分の考え方に変化が起き、今後の自分の行動が変わります。
世の中は全て繋がっています。自然環境と人々の暮らしや経済は全て影響しあっています。
ゲーム内では、地元の街の持続可能性を守りながら、自分のゴールを目指します。このゲームを体験することで「SDGsは国連の決めた他人事」ではなく、自分ごとに落とし込め、SDGsの基本的な考え方が理解できます。

※お問い合わせ・お申し込み・イベントに関するお問い合わせは以下までお願いします。
faavowakayamachuo@gmail.com

イベント詳細

開催日 2019年10月18日(金)
時間 18:30 〜 20:45
参加費 18歳以上:3000円/18歳以下:1500円
会場 和歌山市地域フロンティアセンター
住所

和歌山市本町2丁目1番地 フォルテワジマ6階

主催 FAAVO和歌山中央
ファシリテーター 川辺友之