地方創生の実現方法を考える大人のSDGsカードゲーム@CatalystBA 二子玉川

地方創生の実現方法を考える大人のSDGsカードゲーム@CatalystBA 二子玉川

2019年10月25日(金)開催 東京都

イベント概要

ようこそ!SDGs de 地方創生カードゲームの世界へ!

 

様々な社会課題に、デザインが持つ美と共感の力でコラボレーションしてきた、cocoroéとissue+designがタッグを組み、SDGs de 地方創生カードゲームを開催します。

リバーサイドの街として人気が高い二子玉川では、事務局主催で一度体験会を催したことがありますが、今回は二子玉川に根を張るクリエイティブ集団、cocoroéが主催した会となります。

様々な立場の方々の協働と対話の場として話題沸騰中のカードゲーム。
ぜひふるってご参加ご検討ください!

 

◎SDGs de 地方創生 カードゲームとは

 

「SDGs de 地方創生」は、SDGsの考え方を地域の活性化に活かし、 地方創生を実現する方法について参加者全員で対話し、考えるためのゲームです。ゲーム参加を通じて

 

[1]SDGsとは何か?を知ることができる。
[2]自分の行動がまちにどんな影響を与えるかをシュミレーションできる。
[3]地方創生の様々な取り組みをカードから学び、具体的な1歩を踏み出すきっかけになる。

 

といったことを学ぶことができます。GOOD DESIGN AWARD 2019 BEST 100にも選ばれた本シミュレーションゲーム。ぜひ体感しにいらしてくださいね!

 

◎公認ファシリテーター

SDGs 解説+公認ファシリテーター
多摩美術大学 ソーシャルデザイン論 講師、株式会社cocoroe代表

田中 美帆

 

二子玉川を拠点とする(株)cocoroé代表取締役・アートディレクター。英国王立美術大学院(RCA)にて修士号取得。農業福祉連携プロジェクト「mother juice(グッドデザイン賞受賞 )」や警視庁「みんなで、たまには自転車交通安全の未来を語り合ってもいいんじゃないか会議」のブランディング、二子玉川の地ビール「ふたこビール ハナミズキ・ホワイト」のラベルデザインを手掛ける。多摩美術大学 ソーシャルデザイン論 講師として、次世代のデザイナー達にデザイナーの職能を社会課題に活かす方法論と実践を伝えている。

 

公認ファシリテーター
SDGs de 地方創生 運営事務局メンバー

小菅 隆太

 

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに活動するソーシャルデザインチームissue+design 所属。地域活性化を主としたソーシャルデザイン領域に従事するかたわら、経済産業省製造産業局「空飛ぶクルマプロジェクト」にコミュニティマネージャー職(週一官僚)として参画。群馬県嬬恋村観光大使、シーライン東京PR顧問、「妻というもっとも身近な赤の他人を大切にする人が増えると世界は豊かで平和になるかもしれないね」をスローガンとする日本愛妻家協会事務局長代理など、多彩な顔を持つ。

イベント詳細

開催日 2019年10月25日(金)
時間 18:15 〜 21:30
参加費 【一般 参加費】 一般1名:2,000円(税込) グループ割2名:3,500円(税込)*2名分の金額 グループ割3名:5,000円(税込)*3名分の金額 【学生 参加費】高校生以上が望ましいです 学生1名:1,000円(税込)
会場 CatalystBA 二子玉川
住所

世田谷区玉川2-21-1二子玉川ライズオフィス8階

主催 株式会社 cocoroé
issue+design
ファシリテーター 田中美帆
小菅隆太